スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェルメールからのラブレター展 in 京都市美術館 



先日、めずらしくも絵画を見てきた。

フェルメールって人の絵がいっぱい展示されているのかなと思ったら「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使」の3枚だけだった。

この展覧会のメインは「手紙を読む青衣の女」で初来日、修復後初お披露目とのこと。

この絵はフェルメールブルーと呼ばれるラピスラズリから作ったウルトラマリンブルーがとても綺麗な絵で魅入ってしまいました。

その他にも手紙やコミュニケーションといったテーマのオランダ絵画が展示されていて、充実した時間を過ごすことができたと思う。



普段はあまりクリエイティブなことはしていないので、このような展覧会に行くと普段使われていない脳の部分が刺激されたような気がします。

たまには絵画など見に行って「美術館とか行ってる俺かっけー!」って思いながら芸術に触れるのも悪くわないかもしれません(笑)

関連記事

スポンサーリンク

[ 2011/07/21 21:34 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nao003.blog25.fc2.com/tb.php/166-ceaea9c8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。